おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼無里の秋景色

<<   作成日時 : 2013/10/25 21:04   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今にも雨が落ちてきそうな天候の昨日だったが、家内が子どもの頃大変世話になった方が逝去されたため、鬼無里村に出掛けることになった。
 

 鬼無里村は、長野市中心部から西へ約20キロメートルほど裾花川を遡り、裾花渓谷を抜けると谷がひらけ、鬼無里盆地となる。 谷間の山道を走るにつれ、道の両側の木々が少しずつ色づき始め、鬼無里に到着すると周囲の森林は、すっかり秋の様相だった。


 用事を済ませるのを待つ間、村内を少し歩いてみた。 人口2,400人余の小さな村だが、村内の大部分を占める山林は鮮やかに染まり、輝いていた。 霧が巻き始めたかと思う間もなく雨が降り始め、慌てて自動車に戻った。 十分にモミジ狩りを楽しむこともなく、用事を済ませてそそくさと帰路についた。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。山の中の盆地、長野県のイメ−ジです。穏やかそうな風景で、すっかり秋でしょうか。台風の影響による雨など、充分注意したいものです。
行き当たりばったり
2013/10/25 23:03
行き当たりばったりさんへ
長野県北部の山奥の過疎集落です。
奥鬼無里には有名な水芭蕉の群落があり、ブナ林も美しいです。
実りの秋には、集落全体が黄金に輝いています。
wagtail
URL
2013/10/26 16:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鬼無里の秋景色 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる