おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 女神湖経由でバードラインを走る

<<   作成日時 : 2013/10/18 23:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ちょっと自由な時間ができたので、女神湖・白樺湖経由でビーナスラインを走ってみた。 “走る”と言ってももちろんジョギングではなく、ドライブだ。 紅葉の状況がどんな状況か見たいという思いもあったので、短時間のドライブコースを選択してみた。

女神湖

 予想はしていたが、一番期待していた女神湖の紅葉でさえまだまだ色づき始めと行ったところだった。 どんよりとした空の下、水上で若者が数人足こぎボート(?)で遊んでいる以外、ほとんど人の姿を見ることはできなかった。 湖畔端の木々が多少色づき、赤い色づきがまあまあと言ったところだろうか。
 自宅を出る時刻が遅かったので、ここでお昼を食べることにしたが、あまりパッとした店がなく、何となく雑然とした雰囲気の某レストランでハンバーグ定食をいただいた。 定食の内容も何となく田舎料理を思わせる内容だったが、おなかだけは満たすことができた。

白樺湖を望む

 この時期ではまだ周囲の紅葉は期待できそうもないということが分かったので、早速ビーナスラインには入り、霧ヶ峰へと向かった。 途中の見晴らしのいい場所に車を入れると、先程通過してきた白樺湖が眼下に見えた。 女神湖も白樺湖も、昔に比べると観光客の姿がまばらになったような気がする。

霧ヶ峰高原

 ビーナスラインを走ると、周囲の草原は枯れ野原になり始めてはいたが、木々はまだ紅葉というには早すぎる景色だった。白樺の幹の白さに惹かれシャッターを切ってみたが、やはり紅葉の色づきが少ない景色は、もの寂しい感じだ。 しかし、ビーナスラインを走るだけでも、高原気分は十二分に楽しむことはできる。

霧ヶ峰高原から望む遠景

 高原の斜面に沿うように走るビーナスラインだが、左側に開ける景色を楽しむために、時々駐車スペースが設けられている。 そうした駐車場に入ってみると、どこの駐車場でも眼下には広々とした光景が開ける。 山登りをしないので、山の名前は分からないが、遠方に雲海をたなびかせて見える青みがかった山並みが美しかった。

 途中立ち寄った七島八島湿原は、一面枯れの原で、秋の風情いっぱいの眺めだった。 出発当初は、この後美ヶ原高原にも立ち寄る計画でいたが、周囲の紅葉の進み具合が期待したほどでなかったので、和田峠経由で帰路についた。

七島八島湿原

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近遠方に出かけることもなく、26日に友人とどこかへ・・・と
楽しみにしていたのですが、台風が来そうですね。
女神湖も出かけるには手ごろな場所ですが、紅葉まだのようですね。
ぼつぼつ軽井沢は紅葉が始まったところです。
今年は紅葉が美しいと良いのですが、
目を見張るほどの美しい紅葉にはもう何年も出会えていません。
雅♪
2013/10/20 22:56
 雅♪さんへ
台風接近の影響で天候が崩れ、
計画していた紅葉狩りが見送りになりがちです。
今回軽井沢とも思いましたが、まだ早いだろうと
ビーナスラインの下見をしてみました。
天気予報と各地の紅葉状況と日程をチェックし、
今年はどこの紅葉狩りに行こうかと迷っている日々です。
wagtail
URL
2013/10/21 18:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女神湖経由でバードラインを走る おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる