おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ルコウソウの藪から出てきたものは…

<<   作成日時 : 2013/11/04 17:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 数年前から庭に勢力を伸ばしてきたルコウソウ。 今年の夏はこぼれ種から育ってきたルコウソウの蔓が伸び、庭に一株だけ植えられているサラサドウダンツツジを覆い隠すほどに繁茂した。


 今は紅葉の季節だが、よく落葉した木々の枝に今まで気がつかなかったような鳥や昆虫の古巣や生きていた証を発見することがある。
 秋も深まり、夏の間楽しんできたルコウソウの花も咲かなくなったので、先日藪になるほどに成長したルコウソウを整理した。 すると除去された藪陰から二つ昆虫の生活跡をうかがわせる物が出てきた。

 一つは、夏の間飛び回っていた蜂の巣。 この時期であるので、もちろん子育てが終わった空巣だが、きっと無事に新たな命をはぐくみ終わり、何匹かの蜂となって飛び立っていったに違いない。
 
蜂 の 古 巣

 そして、もう一つは、カマキリの巣だ。 こちらはきっとこの巣の中に卵が生み込まれており、これから寒い冬を越すのだろう。 順調に育てば、暖かい春を迎える頃にはこの巣からゾロゾロろと子カマキリが誕生してくるかも知れない。 そんなすばらしい生命の誕生の瞬間に立ち会う機会が得られればいいなぁと思いながら、子カマキリが連なって巣からおりてくる素敵な場面を想像した。
 散歩道の周囲にある雑木林の中でも、こうした思わぬ発見ができる季節はこれから。 木々の葉が落ち切った今年の冬は、どんな発見があるのか楽しみだ。
カ マ キ リ の 巣

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
木の葉が落ちると思わぬ発見があるものですね。
カマキリの巣から子カマキリが続々と・・・なんて、
生命の誕生の瞬間を見てると感動しますね。
アゲハチョウの羽化、生まれたばかりのカマキリ、カタツムリを
過去に目にして驚きました。
wagtailさんのブログで見せていただけることを
楽しみに致しております。
雅♪
2013/11/05 22:13
今晩は。ほんとに、葉っぱが落ちて、裸の木になると、隠れていたものが見えて来ます。驚くやら嬉しいやら--。うまく隠れているものですね。生きる知恵でしょうか。
行き当たりばったり
2013/11/05 23:09
カマキリの巣、懐かしいですね♪
仕事でユーザーさん達と山歩きをしたときに
カマキリの巣を見つけ触って頂いた時があります。
膝より下にあったから今年は雪が少ないかしらね等と
雪国ならではの会話でしょうか?
山歩きは色々な発見があり楽しいですね♪ 
ネネ
2013/11/06 20:48
 雅♪さんへ
思わぬ所で、思わぬ物を発見すると、
様々な想像がかき立てられます。
私たちが目にする生物の営みは、
ほんのわずかではないかと思います。
運良くカマキリの誕生に立ち会えるか。
暖かな春を迎えたら、朝の散歩・犬の散歩のたびに見てみようと思っています。
wagtail
URL
2013/11/07 17:53
 行き当たりばったりさんへ
こんな所に、こんな物が…。
落葉した林や庭の樹木でよく見付ける光景です。
そんな発見物から、様々な生物の生き様が想像でき、
それだけでも本当に楽しいです。
wagtail
URL
2013/11/07 17:57
 ネネさんへ
子どもの頃大事に箱にしまっておいたカマキリの巣から、
子カマキリがゾロゾロ出てきたことを思い出します。
大人になった現在までに、こうした誕生を目にしたのは数えるほど…。
なかなか感動的な場面には遭遇できないものです。
巣を見付けられただけでも幸運です。
ユーザーさんも、いい体験ができましたね。
そうそう、カマキリの巣の高さにより、
その年の積雪量を判断するなんて話も聞いたことがあります。
ホオジロの巣の作られた高さによってなんて話も聞きました。
真実の程は別として、ちょっと楽しいですよね。
wagtail
URL
2013/11/07 18:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルコウソウの藪から出てきたものは… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる