おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は生け垣に蜂の巣が…

<<   作成日時 : 2014/08/08 16:01   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 春先に一度生け垣の選定を済ませてあるが、例年余り伸びすぎない内にこの夏の時期にも剪定をすることにしている。 連日の暑さ続きに躊躇していたが、台風接近の影響かちょっぴり涼しい日もあるので、朝の涼しい内にと思い少しずつ剪定を始めた。


 庭の周囲に数十本植えられているコノテガシワの生け垣の剪定は結構大変で、しかも、コノテガシワに巣を作っているハチに刺されることが多いのだ。 実は、この巣を見付けた前日には、レッドロビンの生け垣を剪定していて、ハチに刺されている。 生け垣バリカンで剪定するのだが、その時は、機械を持つ右手親指の付け根あたりに火花でも当たったような激痛が瞬時に走り、バリカンの刃先に蜂の巣が見えた。 すぐにその場を離れて、後で調べると、前回ここに取り上げたキボシアシナガバチらしいことがわかった。
 不幸中の幸いで、翌日になっても刺された場所は腫れもせず事なきを得た。

 この日は、用心に用心を重ねて剪定したのは勿論のことだ。 二日続きでハチに刺されるなんてことはご勘弁だ。 今度の蜂の巣は10pほどの大きさで、育雛室を閉じている部分は白い色をしており、明らかに前回の黄色い色をしていたキボシアシナガバチとは異なる。 この種名も不確かであるが、「セグロアシナガバチ」 ではないかと勝手に判断した。 これだけ大きな巣にこんなにたくさんの働き蜂のいる巣をバリカンで刈ったらひとたまりもなくハチたちの洗礼を受けたに違いない。 下の写真は撮影用に多少枝葉を整理したものだが、機械の刃が近づいた時に飛び立ったハチに気づいたので、すぐに殺虫剤で処理ができ、本当によかった。


 これからもこんなことが何度もありそうなので、ハチに刺された時の対処法を、ある消防署のホームページに載っていた 「ハチに刺された時の応急処置」 をまとめておくことにした。

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
ハ チ に 刺 さ れ た 時 の 応 急 処 置
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 次の手順で処置を行い、安静にします。 20〜30分ほど様子を見て、異常がないようならひとまずは安心です。 途中で様子が少しでもおかしいと思ったら、直ちに医療機関に受診してください。

1 .刺されたらその現場からすぐ数十メートル離れる。(巣から離れる)
2 .刺された傷口を流水でよく洗い流す。ハチの針が残っている場合は、指でつまんで毒液を再注入しないようにそっと抜く。
3 .爪などで傷口周囲を圧迫し、毒液をしぼり出す。
      (ハチ毒は水に溶けやすいので、傷口から毒液をしぼり出すように、もみながら流水にさらすと効果的)
4 .抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏などがあれば塗布する。
5 .濡れたタオル等で冷やし、安静にする。

過去にハチに刺されて、具合が悪くなった方や様子がおかしいと感じたらただちに医療機関を受診するようにしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。やはり、驚いたために本能的に刺してしまうのではないでしょうか。事前に蜂の巣がわかっていたら、それなりの対処はできますものね。いずれにしても、ハチの多い時期、ご用心ご用心です
行き当たりばったり
2014/08/09 23:43
撮影用に枝葉を刈るWagtailさんの姿・・・想像したらなんだか微笑ましい^^;
刺された場所は大丈夫でしたか?
「ポイズンリムバー」という注射器のようなスポイトのような毒抜きの道具が有りますので、準備しておくのも良いかもしれませんよ

伊那谷では「ヌカバチ」って呼んでいる蜂ですかね・・・
そちらでは蜂の子は食べられませんか?
我が家では、かんな屑などを使って、親蜂を燃やして(羽を?)しまいます・・・
その後、巣から抜いた幼虫や蛹を煮て食べたりします。

私も今年巣を取って食べましたが、食べた日記はまだ書いていませんでした・・・^^;
たっきー
URL
2014/08/10 07:08
行き当たりばったりさんへ
生け垣の剪定のたびに、かなりの確率でハチの手荒い歓迎を受けています。
二度目、三度目に刺されると危ないとか聞きますので、
用心はしているつもりなんですがねぇ。
一瞬の痛さですが、電流が走るような痛さは歓迎できません。
wagtail
URL
2014/08/10 09:33
 たっきーさんへ
見付けたらそのままにしておけないのがわたしの性分。
撮影している内に枝葉が邪魔に感じ、剪定ばさみを持ちに行って…。
巣を揺らさない限りは大丈夫なものですね。
こう毎年被害に遭っていては、冗談抜きで毒抜きの道具を準備しておいた方がいいかもしれません。
わたしもよく蜂の子を食べましたよ。
わたしは、フライパンで煎った蜂の子の味が大好きでした。
wagtail
URL
2014/08/10 09:39
私もアシナガバチに刺されました。
バラの木の剪定をしていて、蜂の巣があることに
気づきませんでした。
二匹が揃って並んで刺しているので、
「やめて」と叫んでも、刺すことを止めない。
当たり前ですよね(^.^)慌てて病院へ。
このくらい大丈夫ですよ・・・と先生。
「だって先生二匹分の毒が恐くないですか?」
それ以来蜂には特に注意してます。
雅♪
2014/08/13 21:15
 雅♪さんへ
雅♪さんも、ハチの襲撃を受けたんですか…。
しかも2匹に刺されるとは、本当に災難でしたね。
わたしも、数年前に一気に3〜4匹のハチに刺されたことがあります。
毎年、生け垣の剪定の際には注意しているんですが、
いくら注意していても、年に一度位はやはりやられてしまいます。
その都度たいしたことなく済んでいますが、命を落としてしまった方もあることも事実です。
ハチの被害は軽視してはいけないようですね。
wagtail
URL
2014/08/14 17:38
お盆でゆっくり、されていることでしょう、
今夏は私も 蜂に始めて刺されて痛い目に会いました、
いつもはほったらかしの庭木を手入れしようとして刈込んでいたら
2〜3匹のアシナガバチが飛んでいる、よく見ればコブシ大の巣があった
防虫スプレー退治しようとしていたら、いつのまにか腕に一発食らって。
翌日から痛くて腫れあがり病院に駆け込むことに、
参りましたね、これほど痛いとは。
病院の先生から 甘く考えていたら大変なことになりますよって。
始めての経験でした。
山帽子
2014/08/15 09:21
 山帽子さんへ
登山遠征、素敵なたびになった様子、
天候にも恵まれ本当によかったですね。
わたしは、余りにものんびりしすぎて、
HPの更新もそっちのけの日々になってしまいました。
やはり庭木を手入れしているとハチの被害を受けることが結構ありますよね。
わたしは、ハチに刺される回数は多いのですが、
幸いなことに晴れるようなこともなく済んでいます。
しかし、二度目三度目は危ないという話を聞きます。
実際にドクターヘリで運ばれたが、間に合わずに…なんてことも知っています。
ハチをあなどるなかれですよね。
注意するに越したことはないということでしょうか。
wagtail
URL
2014/08/16 17:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今度は生け垣に蜂の巣が… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる