おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 霜始降 (霜始めて降る)

<<   作成日時 : 2014/10/18 17:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今朝は、北斗(我が家の柴犬の名)を散歩に連れ出した時、手綱を持つ手が冷たく感じ手袋がほしかった。 道端の枯れ草に目をやると、枯草の表面にうっすらと氷の結晶が付着し、白く化粧をしていた。


 「霜始降」という言葉があるが、二十四節気の霜降の初候にあたり、10月23日〜10月27日ごろに相当する。 どうやらこの 「霜始降」 に先だって霜が降りたようだ。 霜降を見ると一層寒さを感じ、秋の深まりを覚える。 こうして霜が降りると、ますます紅葉が進むだろう。

冬鳥のカシラダカ

 そういえば、初霜のけさ、冬鳥の飛来観察第一号となったカシラダカの群れを見た。 いよいよ冬鳥と夏鳥の交代が始まっているようだ。 これから一気に秋が深まり、落葉が進むにつれ、冬が忍び足で近寄ってくるのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
そちらはもう霜ですか!!
伊那谷はそんなでもないですけれど、今朝は外気温度4℃でした

伊那谷から見える二つのアルプスも初冠雪して、里にもだんだんと紅葉が降りてきて、秋の深まりを感じる今日この頃です。

一番上の花?はなんでしょう?
ウドの花もそんな感じだったような・・・
だんだんと
たっきー
URL
2014/10/19 21:28
今晩は。初霜でしょうか。いよいよ冬到来ですが--生き物も季節の変化に応じて抗体が見られますね。
行き当たりばったり
2014/10/20 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
霜始降 (霜始めて降る) おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる