おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の下から蕗のとうが…

<<   作成日時 : 2015/01/07 17:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 東北や日本海側の地域は、荒れ模様の地域もあるようだが、ここ数日は雨が降ったり冬型の気圧配置が崩れ冷え込みが緩んだりと、大分凌ぎやすくなっている。 きょうも青空が広がり、雪融けが進んだ。


 ここ二三日で、散歩道の雪も一気に解け、雑木林の中の雪も北斜面や日陰部分を除いて、ほとんど消えてしまった。 裏山の日陰部分の雪も随分姿を消し、一面真っ白だった斜面も地面が顔をのぞかせまだら模様になってきた。 黒土がのぞき始めた場所の雪の下からは緑の雑草の緑も姿を見せている。


 霜柱を踏みしめながら裏庭を歩いてみると、雪の消えた地面から2pほどの蕗のとうを見付けた。 周囲を見回すと都合五つほどの蕗のとうが見つかった。 もちろん、本格的な冬はこれからであるが、霜柱の中や雪の下では、こうして植物たちが確実に春の準備をしているのだ。 改めて動植物の生命力の大きさを感じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
現世の利益と言われたら、なんとかして北向観音へお参りせねば!


小さなフキノトウ、もう少し膨らむと食べ頃ですかね〜〜

今お邪魔しているお宅は、陽当たりが悪いもので、ほとんど雪が溶けずに真っ白です


冷たい雪の下で静かに命をつなぐ植、物の生命力には元気をあたえられますね
たっきー
URL
2015/01/07 21:14
今晩は。もうフキノトウですか!なるほど、じっくり見渡すと、こういう自然の営みにも気づく事ができるのですね。緑色がいきいきと生命力を表しています。
行き当たりばったり
2015/01/08 00:31
 たっきーさんへ
厳しい冷え込みと雪の中、逞しく生命を繋いでいる
昆虫や植物に出会うと、感動します。
庭の片隅のこの場所は毎年蕗のとうが顔を出し、
蕗みそにして春の香を味わっています。
まだこれからいくつも出てきますし、まだ小さめですので、
もうしばらくの辛抱です。
wagtail
URL
2015/01/08 17:39
行き当たりばったりさんへ
黒土からたくさんの植物たちがその存在を告げています。
よく見ると、花を付けている雑草も見られますから、
そのたくましさには感心させられます。
よく、細胞が凍って破壊しないものですね。
wagtail
URL
2015/01/08 17:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪の下から蕗のとうが… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる