おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 空振りの探鳥

<<   作成日時 : 2015/01/21 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 これは以前に撮影したものだが、このベニマシコに会いたくて車を20分ほど走らせた山道へ出掛けてみた。 ベニマシコは散歩道でも見られないわけではないが、出掛けた場所は毎年ベニマシコやオオマシコが群れで観察できる場所。

ベニマシコの雌雄

 普段は滅多に鳥の撮影のためだけにでかけることはない。 今日は仕事休みの日だが、家族はそれぞれに用に出掛け一人だけ家に残る羽目になったので、気晴らしに探鳥にでてみたという次第。
 山道に入ると野鳥撮影用の望遠レンズを担いだ数人のバーダーに出会った。 やはりここはベニマシコの出現ポイントとして野鳥撮影者には人気の場所なのだ。 ここは以前の職場に近い場所で、毎日休み時間に歩いていた場所なのでベニマシコが出現する場所はよく心得ているのだが、きょうは歩けど歩けど一向にベニマシコの姿は見られなかった。


 ベニマシコは山道の脇に植えられているヤマハギの実を好んで食べに来るのだが…。 道端のヤマハギの枝をよく見てみると、ヤマハギの実はほとんど枝に残っていないようだ。 このところ降雪続きで、地面は雪に覆われているため、いつもならまだこの時期には残っているヤマハギの実も野鳥たちが食べ尽くしてしまい、他の場所に移動したのかも知れない。

実のないヤマハギ

 結局時間をかけてベニマシコに会いに行ったのだが、一羽も目にすることができず、探鳥は空振りに終わってしまった。 諦めて山道をおりていくと、二人連れの野鳥写真家が登ってきた。 双方何となく目が合い、見ず知らずの二人だが、「こんにちは。 ここにベニマシコがいると聞いてきたのですが…。」 と声をかけてきた。 「きょうは空振りでした。 ベニマシコを撮影するのでしたら、この上の斜面が良いですよ。」 と返す言葉がむなしかった。 まぁ、生き物相手だから、こうした空振りの時があるのは当たり前のことだが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
だんだんに小鳥が見られなくなるのでしょうか?
今日さんぽやの四季さんにヤツガシラの写真が
置いてありました。
数十年前にはこのあたりでも見られたようですが、
最近はもうまったく見かけないそうです。
寂しいですね。
雅♪
2015/01/22 20:57
綺麗な赤ですね〜〜

野鳥はしょっちゅう目にしますが、名前をほとんど知らないもので、なんて鳥なのか解りません・・・

一緒に里山整備をしている仲間が詳しかったり、wagtailさんのブログを拝見しては、少しずつ・・・

名前や生態を知ったら、野鳥観察が物凄く楽しそうですね

空振り、残念でしたね〜〜
タッキー
URL
2015/01/23 17:48
今晩は。残念な結果でしたが、たしかにこういう時もありますね。みなさん、集まる場所を知っているのでしょう。
行き当たりばったり
2015/01/24 22:23
 雅♪さんへ
地域の鳥相は、少しずつ変化しているようです。
でも、今まで見られていた鳥がぱったりと姿を見せなくなるような環境変化は、
その鳥の種の存続にかかわるようなこともあるかも知れませんよね。
わたしは、まだヤツガシラは写真でしか見たことがありません。
日本では主に“旅鳥”とされているようですが、
過去には長野県で繁殖した記録もあるようです。
wagtail
URL
2015/01/26 17:43
 タッキーさんへ
わたしが自然を楽しむようになった窓口は、この野鳥たちです。
子どもの頃、ゴムのパチンコで石を飛ばしたら、
ムクドリの群れの一羽に偶然当たりました。
頭にでも当たったのでしょうか、脳しんとうでも起こしたようです。
数日間籠の中でそのムクドリを飼ったのがのめり込みの始まりです。
今こうして自然を楽しめるのも、そのムクドリのお陰。
感謝です。
wagtail
URL
2015/01/26 17:48
 行き当たりばったりさんへ
ここは、オオマシコやベニマシコが群れる場所として、
バーダーたちにはよく知れ渡った場所です。
ベニマシコの撮影は、空振りに終わりましたが、
静かな遊歩道の雪道を歩くのも、また良いものです。
wagtail
URL
2015/01/26 17:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空振りの探鳥 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる