おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧中の “高ボッチ高原”

<<   作成日時 : 2015/08/21 12:30   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 昨日、用事があるという連れ合いさんを塩尻まで送っていった。 会議が終わるまでの4時間ぼんやり過ごすわけにも行かないので、近くの高ボッチ高原に車を走らせてみた。 この日は生憎の天候で、高原は霧に包まれて見晴しは余りよくなかった。


 高ボッチ高原は、諏訪盆地と松本平の間の伸びやかな丘陵状の高原。 普段は静かな高原だが、毎年8月の第一日曜日には、この写真の場所で草競馬が行われ大変賑わう高原でもある。


 とりあえず傘を差しながら草原の中を登って高ボッチ山を目指すことにする。 休憩舎を経道脇の花々を楽しみながら、なだらかな斜面を登っていく。 心配した雨はそれほどでなく、霧雨程度で済んだ。 雨に濡れた花もまたいいものだ。 高原の花はもう秋の気配を告げているようだ。 (ここでの花の紹介は一部にとどめ、どこか他のコーナーで見掛けた花々は紹介したいと思う。) 
 
ツリガネニンジン                                クガイソウ 
マルバダケブキ
ノコンギク

 山といっても前述のように丘陵状の高原なのでわずかで山頂に到着してしまった。 天候さえよければ諏訪湖の先に富士山も見える眺望が望めるのだが、もちろんこの日は望むべくもない。 表示の杭と石積みがある山頂の様子を写真におさめ、すぐに帰ることにする。


 帰路はふれあい広場方面へ下り、車道を歩いて電波塔前から小径をたどって駐車場に戻った。 電波塔が見える場所まで来ると、今まで視界をさえぎっていた霧が大分晴れてきて見通しがきくようになっていた。
 



 車を停めておいた中央駐車場に到着した頃には、幸運なことに槍・穂高などの北アルプスが一望できた。 この天候の高ボッチで、これだけのアルプスのパノラマがみられたのはラッキーだったといっていいだろう。 待っていた4時間の時間帯を過ごすのに、諏訪湖にしようか高ボッチ高原にしようかと迷っての選択であったが、こうして信州らしい遠大な景色を楽しめたのだから 「良し」 としよう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
高ボッチ高原って、聞いた事はあるのですが、どこに有るのかさえ知らずに現在に至っております・・・

曇りがちでこの景色って云う事は、晴れたらそれは素晴らしい景色なんでしょうね〜
機会があったら訪れてみたくなりました
たっきー
URL
2015/08/21 20:00
 たっきーさんへ
わたしがこの高原に行ったのは、
これで三度目位だろうと思います。
車で高原の中心まで行け、なだらかな丘陵状の高原ですので、
子ども連れでも楽しめる家族ハイキングに適した高原です。
すばらしい眺望と、高原の花が楽しめるおすすめの場所です。
諏訪方面にお越しの際は、立ち寄ってみてください。
wagtail
URL
2015/08/22 16:45
やはり、信州は北アルプスのロケが似合いますね。
今夏の北アルプスの思い出が蘇ってきました。
登山前、穂高の町から、常念山脈が見えたときは
高揚した気分になりました。塩尻も何回もJRで通過したので
もう馴染みになりましたね、いつか 中仙道の旅籠を訪ね歩きたいです。
山帽子
2015/08/23 16:34
 山帽子さんへ
信州ならではの大パノラマ、晴れ間を縫って開けた景色を眺めながら、
以前拝見した山帽子さんのブログを連想しました。

中山道の旅籠もまた魅力的です。
その魅力に惹かれ、今まで何度も足を運びました。
もう少し近くだといいのですが…。
wagtail
URL
2015/08/25 09:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
霧中の “高ボッチ高原” おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる