おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の皿には苦味を盛れ

<<   作成日時 : 2016/03/07 17:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 きょうは5月を思わせるような暖かな一日となった。 ここに来て一気に春模様が進未、散歩道の小梅の木も満開状態に咲き誇っていた。 我が家の裏庭では例年のように蕗の薹がたくさん頭を出した。


 暖冬がつぶやかれた冬だったせいだろうか、いつもよりたくさんの蕗の薹が収穫できた。 ちょっと小ぶりではあるが、これだけ収穫できれば二人の食卓にのせるには十分な量だ。
 今年の蕗の薹は、天ぷらと蕗味噌として食卓に上がった。 独特な香りとほろ苦さが口いっぱいに広がる。 これぞ大人の春の味。 味覚を通して春の息吹を感じる至福の時。


 春の季節を表現する山菜として我が家の初春の料理には欠かせない食材だ。 植えてからほとんど手をかけていないが、こうして毎年芽を出し、蕗の薹として、さらに大きくなったフキとして我が家の欠かせない食材になっている。 ありがたい自然の恵みに感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春の皿には苦味を盛れ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる