おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS コナラにできた 虫えい (虫こぶ)

<<   作成日時 : 2016/05/02 22:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

  いつものように散歩道の雑木林を歩いて行くと、コナラにできたリンゴのように赤く色づいた真ん丸いものが付いているのが目に留まった。  色も形もとてもかわいく見えるのだが、これは 「虫えい(虫こぶ)」 と呼ばれ、アブラムシ・ハチ類などの昆虫が産卵・寄生したため異常発育をした結果なのだ。


 こうした虫えいは、色々な植物にできる。 以前葉っぱにできていたバルーンのような虫えいを切ると、中にアブラムシが何匹もいるのを観察したことがある。
 また、この虫えいの名前の付け方が何とも変わっていて、虫えいの名前のつけ方は統一されており、  植物名 + 形成部位 + 形状 + 虫こぶ(フシ)  の4つの名を連ねられている。
 今回掲載した虫えいは、( ナラ + メ + リンゴ + フシ ) であり、ナラメリンゴフシ となる。  『ナラ』 は植物名、 『メ』 は、虫こぶがナラの芽の部分にできていること、次の 『リンゴ』 はリンゴのような虫こぶの形を表していて、最後の 『フシ』 は、虫こぶという意味ということなのだ。 実にユニークな命名法だと思う。



 この虫えいについては、過去に何度か掲載している。 下にそのアドレスを記しておいたので、興味のある方は、お立ち寄りください。

http://wagtail6678.at.webry.info/200805/article_4.html

http://wagtail6678.at.webry.info/201106/article_7.html

http://wagtail6678.at.webry.info/200805/article_8.html

http://wagtail6678.at.webry.info/201205/article_11.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
虫コブは見たら恐い気がします。
でも、名前はかわいらしいですね。
サツキ、ツツジなどの葉に見られるモチ病とは違うのでしょうか?
植物にもさまざまな病気があり、育てるのは大変です。
雅♪
2016/05/03 19:59
 雅♪さんへ
サツキやツツジのもち病のこぶは、
お世辞にも可愛いとは言えないですね。
虫コブは虫による植物の奇形ですが、
モチ病の葉の奇形はモチ病菌属の担子菌により起こる奇形で、
これも広い意味での虫こぶになるようですね。
植物の栽培は、虫と病気との闘いですよね。
wagtail
URL
2016/05/04 18:54
おはようございます。
虫こぶ--1400種もあるとはすごいですね。
生き物の歴史の中で、こういうふうに生きながらえる方法、不思議といえば不思議です
行き当たりばったり
2016/05/05 10:04
 行き当たりばったりさんへ
自然界には、感心させられるような生き方をしている虫や植物がたくさんあります。
色々調べていく内に、そんな発見をした時、
したたかな動植物の生き方に感心させられたりします。
この虫こぶも、ただ見ている分にはただの子リンゴに見えるだけのものですが、
中を割ってみると知らなかった事実に触れることができ、
その瞬間が何ともワクワクします。
いつまでも心は少年です。
wagtail
URL
2016/05/05 10:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コナラにできた 虫えい (虫こぶ) おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる