おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 昼咲き月見草 と 月見草 

<<   作成日時 : 2016/05/20 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 我が家の入り口の石ががらがらしたような痩せ地に、毎年この花が咲きます。 ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)という北米からの帰化植物で、乾燥を好み、水はけがよければ毎年肥料を与えなくてもこうしてビッシリと花を咲かせる。

ヒルザキツキミソウ (昼咲き月見草)

 花の作りをよく見ると、下の白い花のツキミソウ(月見草)とそっくりなことが分かる。 下の白いツキミソウは、本来のツキミソウで、花は6〜9月の夕方に開花し朝には萎んでしまう一夜花。 両方の花を比べると、中心に雌しべがあり、先が4裂している。 そして、その周囲には8本の雄しべがある。
 上のヒルザキツキミソウもツキミソウと同じアカバナ科マツヨイグサ属ではあるが、名前のとおり昼に咲き、夜に咲く下のツキミソウとは異なる。

ツキミソウ (月見草)

 白い花の本来のツキミソウは、月の光に照らされた時雌しべは蛍光色色になり幻想的な輝きを増す。 そして、白色の花びらは、徐々に白から薄ピンク色、そしてやがて赤紫色に変わって行く。
 こちらのツキミソウは、ヒルザキツキミソウと異なり、やせた土地では上手く育たない。 さらにいや地現象があり、たくさん花を咲かせたと喜んでいると翌年にはぱたっと花が咲かなくなり、いつの間にやらとぼってしまったりする。 放任しておいてもよく咲くヒルザキツキミソウよりかなりデリケートな植物だ。 わたしはこのツキミソウが大好きなのだが、デリケートな花だけに、とにかく我が家の庭から姿を消し、絶えてしまわないようにと大事に大事に育てている。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ヒルザキツキミソウを見るたびに元気な花、と驚きます。
毎年同じ場所に咲きますね。
月見草は一夜花ですか、どうりで見たことがないはずでした。
貴重なお花ですね。
行き当たりばったり
2016/05/21 18:07
おはようございます
子供の頃からツキミソウと呼んで育った花はまマツヨイグサだったという・・・(汗)
たっきー
2016/05/22 03:37
 行き当たりばったりさんへ
昼咲き月見草は、肥料もやらず、潅水も夏場だけ。
ほとんど手をかけていませんが、毎年この勢いで花を咲かせます。
完全に野生化した、勢いのいい帰化植物です。
月見草はいや地現象が見られるので、きっと野生化は無理でしょうね。
wagtail
URL
2016/05/22 11:35
 たっきーさんへ
わたしも知人からこの月見草をいただくまでは、
月見草といえば、オオマツヨイグサのことかと思っていました。
初めて月見草が咲いたのを見た時には、
時間の経過と共にゆっくりと花びらが開く様や、
白からピンクに色が変わっていくのを夜中まで見入ったものでした。
wagtail
URL
2016/05/22 11:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昼咲き月見草 と 月見草  おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる