おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜘蛛の巣

<<   作成日時 : 2016/09/19 23:39   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 秋を迎えるとあちらこちらにこうした蜘蛛の巣が張られているのをよく目にすっる。 細い山道を通ったりすると、道の両脇に張られたクモの巣が顔や腕ににべったりとついて、不快な思いをすることもある。


 クモはその姿がいかにもグロテスクで、さらには毒を持っているのではないかと思われたりしたこともあり、妖怪変化の動物のようでもあり、余り好かれていないのではないだろうか。
 また、クモが網を張って昆虫を捕らえて餌にする姿はいかにも残忍そうにも見え、イメージも余りよいものではない。


 クモは、漢字で「蜘蛛」と書くが、その語源は、「網に獲物がかかったのを知ると、駆けつけてきてころして食する虫」という意味だそうだ。
 この写真のクモは、かなり小型だが、大型の女郎蜘蛛になると、一つの巣で糸の長さは700mにも及ぶというから驚きだ。 また巣の作り方などを調べてみても興味深いものがある。 秋は蜘蛛の季節でもある。 調べてみれば、新たな発見がたくさんあるかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うわ〜!!! 私ねこの様なクモとか昆虫とかってね〜苦手何ですね〜!!! ダメよ〜ダメダメ!!何ですね〜ど〜すみません(^_^;)(^_^;)
コスモス
2016/09/20 21:51
 コスモスさんへ
見苦しい画像、すみませんでしたね。
蜘蛛ナシの巣を最初に、そして蜘蛛は小さいものをと思ったのですが、
やはり、苦手の人にとっては抵抗がありますよねぇ。
わたしは野鳥好きですが、鳥の全く駄目な人…
蝶や蛾の鱗粉が苦手な方。
蛇を始めとする爬虫類は見るだけでも…という人。
かく言うわたしも蜘蛛は余り好きではありません。
wagtail
URL
2016/09/22 09:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蜘蛛の巣 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる