おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 里山のドングリは 豊作の年?

<<   作成日時 : 2016/11/18 11:29   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 「散歩道」の紅葉も随分色あせ、様々な色に染まった木々の葉が、寒風に吹かれて次々と散っています。 雑木林に入ると歩道は一面落ち葉に覆われています。 そんな落ち葉の上にドングリが目に付きます。 


 秋色の落ち葉の絨毯を踏みしめながら歩いて行くと、こうしてたくさんのドングリの実が足元に落ちているのが見付かります。 これらのドングリは周囲から拾い集めて並べたのではなく、林の道に自然落下したそのままの光景です。 今年は、例年に比べ随分落ちているドングリの量が多いような気がします。
 ことによったら、今年は里山はドングリの当たり年、豊作の年なのかも知れません。 どの道を歩いてもこうしておびただしい数のドングリの実が足元に転がっているのです。


 ところで、今まで「ドングリ」という言葉を使ってきましたが、もちろんすでにご存じのように、「ドングリ」という木はありません。 実はドングリは一つの木の実ではなく、ブナ科の木に育つ実のことを指して「ドングリ」と呼んでいるのです。 知っているドングリの実のなる木を少しだけ挙げてみても、
   コナラ属……クヌギ・カシワ・ナラガシワ・ミズナラ・コナラ・イチイガシ・アラカシ・シラカシ
   ク リ 属……クリ
   シ イ 属……スダジイ
   ブ ナ 属……ブナ・イヌブナ
   マテバシイ属……マタバシイ
と、枚挙にいとまがない。 まだまだ自分の知らないドングリのなる木はたくさんありますが、多分「散歩道」周辺の木は、クヌギ、カシワ、ミズナラ、コナラなどのコナラ属の木だろうと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

タイミングが悪かったからなんでしょうかね・・・
私は今年はあまりドングリが落ちているのを見かけませんでした・・・
今年は不作なのかな?なんて思ったものですが、地域によって違うのかもしれませんね

その代わり、落ち葉の隙間から既に立派な根を伸ばしているドングリをいくつか見つけました。
来るべき春に向けて準備を進めているドングリを見て、命の営みの力強さを感じさせていただきました。

追伸
白い山茶花の苗木は見つかりましたか?上手くいくか判りませんが、我が家の山茶花の枝で挿し木をして増やしてみるっていうのはいかがでしょう・・・?
必要でしたらお分けいたしますがいかがですか?
たっきー
URL
2016/11/19 12:02
信州の秋景色の写真に見惚れながら拝見してます。
どんぐり 色々・・ 小指サイズからコロッと大きな物 まん丸な物・・可愛い姿に 子供でなくてもつい拾い集めてしまいます。娘のこの時季の楽しみです。
 
 
しおん
2016/11/20 08:30
おはようございます。
たくさんの実ですね。これらの一部は動物の食料になり、ほとんどが、このまま来年まで私たちの目を楽しませてくれる---。時に、地面に根を差し込んでいるようなドングリを見かけます。
そんな時、頑張れよ、と声をかけてあげます
行き当たりばったり
2016/11/21 06:40
 たっきーさんへ
こんなに大量のドングリが足元に落ちているのを見るのは、初めてです。
わたしの「散歩道」周辺では、ドングリの豊作年といっていいかもしれません。
このドングリもここ数日の落葉で、落ち葉の下になりました。
きっと暖かな落ち葉の下で、ゆっくりと次の世代を残す準備に入るのでしょうね。

サザンカの件、ありがとうございます。
挿し木という手がありましたね。
全く心に浮かばずにいました。
はたれのわきでたく産のサザンカを育てている方は懇意にしている方ですから、
一枝二枝いただけるか頼んでみようと思います。
たっきーさんの優しく温かい心遣いに感謝です。
wagtail
URL
2016/11/22 10:43
 しおんさんへ
子どもの頃大きめのドングリを拾っては、
ヤジロベエやドングリゴマを作って遊んだのを思い出します。
子どもにとっては、魅力ある宝物のようなものでしょうか。
きっと軽井沢でも色々な種類のドングリが見付かることでしょうね。
wagtail
URL
2016/11/22 10:47
 行き当たりばったりさんへ
こんなにたくさんのドングリを目にしたのは、
何年ぶりかのできごとです。
数日前から、激しく落葉が始まりました。
今朝はこれらのドングリはみんな落ち葉の下に隠れていました。
きっとこれから、落ち葉の下でゆっくり根を出し芽を伸ばしていくのでしょう。
wagtail
URL
2016/11/22 10:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
里山のドングリは 豊作の年? おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる